農商工連携認定事業の内容

農商工連携事業のイメージ図

農商工連携事業とは三位一体となって新事業への
取組や開発を行うもので、主に農家方々を今までにない
カタチで事業に参画いただくことで、所得の確保や
地域社会に貢献できる事業を商業・工業と一致して行う
事業の総称として、この事業は存在価値があります。



八尋産業の食材のムダをなくす事業目標
八尋産業株式会社
代表取締役 会長 大矢正昭
ムダは廃棄(捨てる)事になり・・・そこに費用が発生します。
元々ムダこそは、ムダ使いの始まりなので、現在八尋産業でが。
大矢正昭のスローガンの元、世界中の食材のムダをなくすことを目標に
日々、新たな製品開発を農家の皆さんと行っています。

農商工連携認定事業の説明 もったいプロジェクトの説明はコチラ
     
10分でわかる農商工連事業の取り組みに関するビデオオンデマンド   八尋産業が報道取材を受けた過去の記事はコチラから