八尋産業の食材のムダをなくす事業目標
八尋産業株式会社
代表取締役 会長 大矢正昭
ムダは廃棄(捨てる)事になり・・・そこに費用が発生します。
元々ムダこそは、ムダ使いの始まりなので、現在八尋産業でが。
大矢正昭のスローガンの元、世界中の食材のムダをなくすことを目標に
日々、新たな製品開発を農家の皆さんと行っています。
   

開発を5年の歳月を費やした

この「やひろもったいない研究所」


の概要をお知りになりたい方は

当社でまでメールでお問い合わせください

プロジェクト概略及びお送りできる方には

プロジェクトの概要資料を

お送りさせていただいています

 
もったいない食料資源の乾燥加工のご提案
     
  ・規格外野菜 根菜・果実類
・未利用農林水産資源
・未成熟農林水産資源
・カット野菜
・果実の搾りかす 残渣
・冷凍食品の賞味期限調整
・海草、海藻の未利用部位
・魚類の未利用部位
・キノコ類
・木材類
・食品加工産業
・農家の畑(廃棄)共選所(JA)
・食品加工業者
・果実の摘果 水稲
・残渣    出荷調整
・抽出加工工場 ジュース エキス
・輸入貿易商社 冷凍貯蔵倉庫
・海洋 加工場 6次産業化
・水産業者 魚油 骨 飼料・肥料
・乾燥品 粉末 機能性
・低温乾燥 ヒビ 割れ 歪
・酒類製造 米粉 酒滓
・ウェット食品→乾燥食品

 

メールの件名には

〔もったいない研究所〕とお書き添え下さい。

     

 

 


農商工連携認定事業の説明 もったいプロジェクトの説明はコチラ
     
10分でわかる農商工連事業の取り組みに関するビデオオンデマンド   八尋産業が報道取材を受けた過去の記事はコチラから